最新情報




盆栽教室に通わなくても、自宅で習得できる盆栽・ミニ盆栽の育て方について

もしあなたが、「盆栽を手軽に習いたい」「永く楽しめる趣味を見つけたい」と
思っているのであれば、5分間だけこの手紙を最後まで読み進めてください。



はやる気持ちをおさえ、まずはこの盆栽上達法を試した人たちの声をお聞きください。

「教室に通っているかの様にレッスンが出来てうれしいです」

東京都 斎藤 美希さん(27歳)


私の様な年齢でもビックリするぐらい、短期間に盆栽を覚える
事ができましたので、ご報告させていただきます。

以前から盆栽や苔玉といった内容に興味があったのでお店や
インターネットで良く眺めていました。しかし、周りに詳しい人も
いなくてどうやって育てたらいいか方法が分からず、始められずにいました・・・

そんな時、たまたまインターネットで藤田先生の盆栽上達法に出会い
一気に私の盆栽の世界が開けました。

教材に助けられ、難しいイメージのあった、松柏盆栽にまずチャレンジをしました。
そして自分のイメージした形にしたかったので、針金かけという専門技術をマスターし、
自分の思い通りに枝を曲げたりすることもできるようにもなったんです!


一般の書籍だけではなかなか分かりづらい盆栽の専門ノウハウを
DVD映像もあるので、まるで盆栽教室に通っているかの様に自宅でレッスン
出来ることが嬉しいです。

最近は、お友達の誕生日プレゼントや結婚式のお祝いなどにも大活躍しています。
その時に、教材で学んだ事を活かして、ちょっとした育て方や改作の方法も伝えているので、
とても感謝されています。

本当にありがとうございました。

斎藤さんだけではありません。盆栽を初めて、
実践された岡崎さんの声もお聞きください。

「目からウロコの連続です」

埼玉県 岡崎 愛充さん


私は、小学校の授業で育てた朝顔をはじめ、これまで育てた
植物はことごとく枯らしてしまっていたので、また枯らして
しまうのでは・・・と思い盆栽を始めることに躊躇していました。

そんな時に藤田先生と出会って、盆栽マスターが
近くにいてアドバイスをして下されば、今度こそきちんと
育てることが出来るかもしれないと思い、始めてみたんです。

藤田先生に教わる度に、私がこれまでことごとく枯らしてきた
理由が分かり、目からウロコの連続でした。


そしてついに、こんな私ですが藤田先生のアドバイスのお陰で、
今年はなんと!桜の花を自宅で見ることが出来ました。感激しました。

その後も、枯らさないどころか色々形を自分の思い通りにアレンジをして
楽しんでいます。

そして、盆栽を始めたことで以前よりも、心に余裕が出来た気がします。
嫌だなぁ、辛いなぁと思ったとき、盆栽を見るとすごく癒されるんです。
悩んでいたのが馬鹿馬鹿しく思えちゃうくらい。(笑)

私に盆栽を教えていただいた藤田先生に、感謝しています!

では、いったいこの人たちはどんな方法を試したのか?

その秘訣をつつみ隠さず公開いたします。
はじめまして。藤田茂男と申します。

私は、これまで17年間に渡り盆栽をテーマに
研究と活動を行ってきました。また、現在は盆栽教室・ショップ
盆栽バーも運営しています。

“BONSAI BAR 盆さいや“は、東京の恵比寿にあり
雑誌に何度となく掲載されていますので、もしかしたらご存じの方も
いらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。
盆栽の本当の楽しみ方を知ってほしいから。

「でも盆栽の技術を身に付けるのは、かなり難しいんじゃないの?」

という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。
私の所にこれまで相談に来た方は、以下のような悩みを抱えています。

「盆栽は難しそうなので、覚えるのに何年もかかりそう・・・」       
「盆栽は値段も高いし、枯らしたらもったいない・・・」 
「試しにミニ盆栽を買ってみたものの、水やり以外する事が分からない・・・」


私は盆栽の世界に飛び込んだ17年前から、
これらの悩みを聞き続け、何か良い方法はないかと研究し続けました。

「盆栽が、とっつきにくいイメージを持たれている要素はどこの部分なのか?」
「盆栽を始めた人が、挫折するケースと続けられるケースの分かれ道はどこなのか?」
「一般的な盆栽の本や通信講座の、どの部分がつまづく箇所なのか?」

などなど・・・様々な角度から観察し、徹底的に研究をしました。

それからちょうど3年が過ぎようとしていたある日のこと・・・
黒松の剪定をしていた時、突然、頭にひらめくものがありました。

「あぁ、盆栽が上達しないのは●●だからなんだ。」
そのことに気づいた瞬間、思わず手がゆるみ、ハサミを足の上に落してしまいました。

私には確信がありました。
「この方法なら、誰もが簡単に盆栽をマスターすることができる!」と。

私はその●●を発見した興奮から、いてもたってもいられなくなり、
ちょうどその時、盆栽について悩んでいた9名の方に全く同じ方法を同時に試してもらったのです。





その後はご存知かもしれませんが、雑誌・新聞などでも掲載され、
多くの芸能人も盆栽教室に参加し、盆栽ブームの火付け役として話題となりました。



1965年1月26日生まれ。 千葉県出身

盆栽との出会いは、24歳の時に渡米したフロリダ・ディズニーワールドで
Japan Pavilionの盆栽セクションを担当したことがきっかけ。帰国後、独学で
日本の盆栽技術・マーケットを学ぶ。

1992年 原宿にて、盆栽ショップをオープン。
       現在のミニ盆栽ブームの火付け役となった。

2001年 恵比寿に “BONSAI BAR 盆さいや“をオープン。
       新しい盆栽スタイルを発信。テレビ・雑誌でも評判の盆栽バーです。
       昼間は盆栽教室も行っており、たくさんの芸能人も生徒として
       習いにきています。


【その他】
・ヤフーショッピングサイト内にて、ボンサイ●アートを運営 
・桜のミニ盆栽ブームの火付け役(現在、全国の流通量の1割を販売)
・NHK学園  盆栽クラス 講師実績


【盆栽教室実績】
・テレビ東京 ブランニュー!: 望月みさ さんと出演
・雑誌 Dash: 石井めぐるさん 盆栽教室に参加
・雑誌 Zipper: 映画レッドクリフ主題歌でブレイク中のalan さんが盆栽教室に参加
・雑誌 Pati Pati: ミュージシャン吉川晃司さんが盆栽教室に参加
その他多分野にて活躍

そして、この盆栽上達法のすごいところはまだあります。




最近は盆栽も、ネットショップやデパート等のインテリアコーナーで手軽に
購入することが可能になり、たくさんの方が買い求められています。

あなたも盆栽に興味を持っている方ですから、一度はお店の盆栽を手に取ったり
ネットで写真を眺めたりしたこともあるのではないでしょうか?

私も盆栽の世界に身を置く者として、多くの人が盆栽の世界に興味を持って
いただいたことを大変嬉しく思います。

しかし、多くの方は既にお手入れされた完成した盆栽からスタートしているので、
実は、家ですることと言えば水やりだけなのです。他にあるとしても、
肥料・殺虫剤を与える程度です。


これだと買った時は、あれだけ新鮮だった盆栽もだんだんと飽きてきてしまい、
最悪は“水やりも忘れて枯らしてしまいます・・・

盆栽の醍醐味というのは、園芸や観葉植物と違い単に水と肥料を与えて大きく育てる
ということではなく、自然界に生息する樹木の姿を、鉢の中で再現していき、
鑑賞するために美しく整えていくことにあります。



もしかしたら「本格的な盆栽技術をマスターしたい!」と思ったあなたは、
ネットで情報収集をしたり、盆栽関連の本を立ち読みしてみたりあるいは、
通信講座・盆栽教室の案内書を取り寄せたりもしたこともあると思います。

そこには、一般的に盆栽を覚えるには、まず盆栽に対する心構え、基本の樹形、正面の決め方、
盆栽各部の名称や、難解でたくさんの専門用語の数々、樹種と特徴、鉢と用土、名品鑑賞、飾り方、
枝つぎ・根つぎ・枝つりといった技術の数々・・・・

書きあげればきりがありませんが、こういった内容を習得することが必要だと書かれています。
何だか、受験勉強の様で楽しめそうにないですよね。

そのため、

「盆栽は難しそうなので、覚えるのに何年もかかりそう・・・」       
「盆栽は値段も高いし、枯らしたらもったいない・・・」 
「試しにミニ盆栽を買ってみたものの、水やり以外する事が分からない・・・」


といった悩みを抱えたままの人たちが非常に多いのです。
これらの悩みは私から言わせてもらえば、あって当然の悩みです。

盆栽を学ぼうとしても、身近に分かりやすく教えてくれる人もおらず、
なかなか近所に通いやすい盆栽教室もなく、ホームセンターの盆栽コーナーに
行っても、丁寧にやり方を教えてくれるわけではありませんからね。

こうして盆栽の世界を知ることなく、フェードアウトしていく・・・・・・
私はこんな人を、これまでたくさん見てきました。



初心者に、いきなり盆栽の技術的な話や専門用語から教え始め、たとえ盆栽の世界では
主流でも、価格的に高価な植物ばかり育てたところで絶対に盆栽は長続きしません。

よく考えれば、最初に知識から入る必要なんて、どこにも無いですよね。
一番大切なことは、あなたが手軽に楽しく盆栽をマスターすることだと思います。

例えば、よくデパートやインテリア
ショップにある、盆栽のコーナー。

上手にお手入れもされているので、見ていて欲しくなるのですが、
お値段は、最低5000円からちょっと良い物だと1万円以上はします。
さすがにいくつも買うのは、ためらいますよね。

しかし、私の盆栽上達法を学んで頂くと、こういった完成された盆栽ではなく
苗木の状態で入手をして、お気に入りの鉢に植え替えることから始めることも出来るのです。


よく、こういったビニールポッドに入った
苗木を見ますよね?
鉢も、最初はホームセンターや100円ショップで
売られている物で十分です。
これだと、ひとつの盆栽も1000円以内で
始められるのです。

なんだか、手軽にいくつも盆栽を育てることができそうですね。

しかもこの方法だと、お気に入りの鉢へ植え替える作業を通して盆栽の基礎が
身に付きますし、自分のイメージした姿にアレンジしていく過程を通して
まるで、子供を育てているかのような愛情が盆栽に湧いてきます。


そして、何よりも費用が5分の1以下で済みます。
しかし、多くの人はその植え替える方法が分からないので完成された高価な盆栽を買わざるを得ないのです。



まだまだ「盆栽=高度な趣味」「盆栽=定年退職後の趣味」
というイメージが強い中

「忙しい社会人や、育児中の主婦、これから定年を迎える人でも
楽しく簡単に盆栽を覚える方法がないかなぁ?」


と、いつも思っていました。
そこで私は、誰でも簡単に盆栽がマスターできるような方法を独自に研究してきました。

そして、たどり着いた結論は、


この4つでした。

この4つをクリアするために大切なことは『自宅で』『好きな時に』『好きなだけ』
レッスンが受けられるということ。

自宅でレッスンというと、通信講座や盆栽の専門書など教材は色々ありました。
「なんだ!こんな便利なものがあったのか!!」と私は早速見てみました。
しかし・・・

プロを相手にしている盆栽家が書いているので、生の初心者の声が分かっていない
=難しい内容で、初心者なのに芸術の域に達してしまっている。

使っている題材が高価
=盆栽の世界では普通の題材も、初心者にとっては手が届きにくい物いなっている。


量がやたらと多い
=毎月ドンドン届くので溜まっていき、しまいには放置されてしまう・・・



こんな状況に、私は愕然としてしまいました。
つまりは、『短期間で』『自宅で』『簡単に』盆栽を覚える方法なんてどこにも無かったのです。

よおっし! それならば 私がつくろう!
思い立って、私は『初心者』の人にこだわり
盆栽をマスターできるプログラムを開発しました。

「でも、本当に植物のお手入れをしたことがないし難しそう・・・」

確かに、これまで難しそうなイメージを持たれている盆栽を始めることを
想像すると不安になるお気持ちもよくわかります。

しかしあなたが、まったく植物を育てたことがないような人でも
正しい方法さえ知れば、すぐに身に付けられてしまうものなのです。






「でも、しつこいようだけど やっぱり難しそうだし・・・」

たしかに、必ず私もマスターできるかな・・・と不安になるかもしれませんね。

しかし、ご安心ください。
これまで、盆栽初心者といわれた人たちを、あっという間に
盆栽が得意になってしまった上達法をお教えしますから。

この、盆栽上達法は何も難しいことはありません。

あなたは教材通りに実践することで、身に付けられるものです。

おおまかに言うと、次のステップをご家庭でやっていただくだけでいいんです。


たったこれだけです。

これだけのことを、ご家庭で実践していただくだけで
あなたの盆栽の腕前はみるみる上がってきます。

「では、具体的にどうすればいいのでしょうか?」

はい、この方法をあなたに直接お伝えしたいところなのですが
私は現在、盆栽バーの運営や、来年の春に海外での盆栽ショップ出店に向けて
多忙な毎日を送っていますし、恵比寿の盆栽教室もとても忙しいため、
全国の方々に直接お教えするにはどうしても限界があります。

ですので、盆栽をマスターしたいあなたのために
この“藤田流 盆栽上達の秘訣”を全て公開した、プログラムを開発いたしました。


その内容の一部を紹介すると、



   これまでの一般的な盆栽に対するイメージで、誤解されていることがたくさんあります。もしかしたら、あなたが
   これまで仕入れた情報にも、誤ったことがあるかもしれません。それらが、あなたの上達の妨げにならない為に
   今すぐこの項目をチェックしてください。(もし、この方法に気づかなければ、上達は無理かもしれません・・・)


   一般の書籍等では、100種類以上の素材が紹介され、どれでも好きなものから始めてください!
   というケースが多いのですが、初心者にとっては迷いのもとです。今回、この教材では 草もの・花もの・
   実もの・雑木(ぞうき)・松柏(しょうはく)そして、今人気の苔盆栽という合計6種類にしぼって上達
   していただきます。これらが、出来ればあとはどの素材でも大丈夫ですので、ご安心ください。


   いきなり、道具を良いもので全て揃えると 軽く数万は超えてしまいます。道具にこだわり、
   良いものを最初から揃えたい人は別ですが、多くの人はできるだけ、節約してスタートしたいもの!
   そこで、家にあるもので盆栽を始める方法をお教えします。


   まず、盆栽の素材を手に入れたらお気に入りの鉢に植え替えをします。ただ、鉢から鉢に植え替えるだけでは
   意味がありません。枯らさないために行うある方法や、一気に、見栄えが良くなるポイントなど、藤田流
   メソッドをテキストとDVDで詳しく解説します。植え替えが出来ると、通常の5分の1以下の費用で盆栽を
   始めることができるのです。


   盆栽にとって、土は命です。ところが、盆栽用の土を買おうと思いホームセンター等に行くと、
   いろんな種類が!?赤玉土、鹿沼土、腐葉土、培養土、ひゅうが土、ケト土、そして盆栽用になぜか
   砂もたくさんの種類が。矢作砂、富士砂、日光砂・・・。土を間違えると、100%枯れます。 
   大切な土づくりについてカンタンで、正しい方法を知ってください。


   水やりは、とりあえずジョウロでやっておけばいいわけではありません。盆栽の世界では、「水やり3年」
   という言葉がある程、習得するのが難しいと言われていますが、誰がやっても、枯らさず長く育てることが
   できる水やりの方法ついてご紹介します。


   肥料も、ホームセンターに行くとたくさんの種類が・・・液肥、元肥、玉肥、骨粉とあるなかで、
   一体どれを選べばいいのか??また、肥料も与えすぎは栄養分が過多になり、弱々しい盆栽になります。
   そこで肥料焼けで枯らさないための、肥料の選び方と与え方について、素材ごとに具体的にお教えいたします。


   一般的な盆栽本では、初心者には必要のない知識を教えていることがよくあります。これに、つまずいて
   しまう人があまりにも多いのです。しかし、基本をないがしろにして、盆栽を続けてもいっこうに盆栽は
   マスターできません。多くの人が知らない、盆栽上手になるための基本や、盆栽を楽しむために必要な
   最低限の知識を厳選してお教えします。


   盆栽の楽しみである、改作(アレンジ)を、素材ごとに丁寧にお教えします。改作を覚えると、
   針金を使って自分の理想の姿かたちに、育て上げることもできるのです。ほとんどの初心者は、
   ここの改作が分からず、盆栽の本当の楽しみ方を知らないまま、やめてしまいます。一般書籍では、
   さらっとしか紹介されないその手順を、テキストとDVD映像で、完全マスターしてください。


   昔からの伝統的な古いイメージの盆栽ではなく、私が17年かけて研究をしてきた、ボンサイアートに
   ついてお伝えします。この秘密を知ることで、あなたは1ヶ月もすれば立派な盆栽アーティストになること
   でしょう。これは、普段の教室でも教えていない内容になります。


   盆栽も、ただ庭やベランダに並べているだけでは楽しさも半減です。「藤田流盆栽インテリア」を覚えて、
   お部屋でも楽しんでください。春は満開の桜でインドア花見をしたり、秋には紅葉したモミジを鑑賞したりと、
   季節感たっぷりのお部屋を演出して、楽しむことができますよ。


   盆栽もお手入れのやり方を知らなければ、水やり以外することが無く、みるみる盆栽に対しての
   意欲も愛情も無くなっていきます。そこであなたには、ごくごくカンタンな、季節の変化に合わせた
   お手入れのやり方をお教えいたします。これで、あなたもマンネリ化することなく、1年中盆栽を楽しむ
   ことが出来るでしょう。


   愛情たっぷりに育てた、盆栽を枯らしてしまうのは、愛するペットを失った時の悲しみと同じだと思います。
   そうならないためにも、あなたには枯らさないための5つのポイントを先に知っておいて欲しいのです。
   人生、失敗をして学ぶことも多いですが、盆栽だけは枯らす事なく何十年と楽しんで欲しいですから。


   同じ講座で学んだ方でも、習得する人と、しない人がいるのはなぜでしょうか?土づくり、水やり、
   植え替え、改作といったひと通りのテクニックの他に盆栽をマスターするために、最後にどうしても
   知っておいてほしい重要な事があります。それは・・・
 


これだけではありません。DVDの内容もご紹介します。


シノブでお部屋が涼しげに
草ものは、シダの仲間であるシノブにチャレンジしてみましょう。
シノブの葉っぱの美しさと、繊細さがあなたのお部屋を涼しげに
いろどってくれるでしょう。ある物を器につかって、お部屋の
インテリアとしてぴったりな盆栽に仕上げます。
 
満開の桜を前に自宅でお花見を
日本人なら、全員が好きといっても過言ではない桜を盆栽にします。
ピンクの花で満開の桜が、おうちで見られると想像するだけで、
楽しくなりますね。毎年春になると、おうちで、家族や友人を招いて、
お部屋でする花見を楽しんでください。
 
真っ赤な実の姫りんごはかわいい
姫りんごも盆栽にできるんです。春には、白いきれいな花が咲き、
その後12月ごろに真っ赤な実ができるまで、半年以上も楽しめる
面白い素材です。プレゼントにしても、喜ばれるものですので、
しっかり育てて下さいね。
 
山もみじで紅葉を楽しむ
秋の紅葉を自宅でも楽しむために、山もみじにチャレンジです。
皆さんが紅葉をイメージする時は、この山もみじだと思います。
秋だけでなく、春の新緑も楽しめる素材です。針金を使った
改作(アレンジ)方法も、ここで学んでいただきます。
 
いよいよ黒松にチャレンジ
盆栽のイメージと言えば、松だと思います。松柏盆栽の育て方を
ここで覚えていただきます。思い通りのイメージに針金を使って
枝を曲げる、藤田流ボンサイアートも紹介します。黒松を育てる
ことができる様になったら、周りもきっと驚くことでしょう!
 
苔の盆栽をお部屋のあちこちで!
苔玉も人気のジャンルになりましたので、苔だけを使った盆栽を
作ってみましょう。見てもカワイイ、触っても気持ちいい苔盆栽を、
お部屋の色んな場所に置いて、楽しんでくださいね。

 


以上のことを知れば、あなたの盆栽の腕前がどんどんあがっていき、
盆栽の本当の楽しみを味わうことができるようになっているでしょう。


わざわざ盆栽教室に通う必要もありません。
ご自宅で簡単に盆栽を覚えることができるのです。

今すぐあなたも盆栽をマスターしてください。



あなたに、自信を持って盆栽を習得するための講座を
お届けできるのですが、販売価格を決めるのには非常に悩みました。

実際に盆栽の通信講座を受けるとなると、
5万〜10万円程度の費用がかかります。


また、一般的な盆栽教室でも、この講座と同程度の内容を全て
習うためには最低12回程度のコースは必要になりますので、
やはり5万〜10万程度の授業料が相場の様です。


この金額は、私の盆栽教室と比べても高い金額ではありません。
平均的な金額だと思います。

そこで、わたしは生徒さんにも講座の値段の相談をしたところ、
「藤田先生のレッスンを、こんなに自宅で受けられるなら5万円でも買います」と
言ってくれました。

ですが、本気の方なら誰にでも購入できるお手頃な価格で提供したいと考え、
通常価格を39,600円(税込)とさせていただきました。

私としては、「盆栽を習得したい!」と
思っているあなたを、出来る限りサポートしたいという気持ちがあります。

なので、初版100部発売記念という事もありますので、
今だけお得なキャンペーンをご用意いたしました。

初版100部限定のキャンペーン価格として、
半額の19,800円でご提供させていただきます。
しかも、今なら送料無料(翌日発送サービス)です。


完売次第、特別価格は終了しますので、もし今すぐ盆栽をマスターしたい!と
本気でお思いならお急ぎください。





















今回、私が作成した テキストとDVDだけでも十分な盆栽の腕前を身につけることができますが、
必ず「購入して上達した!」と心の底から感じていただくために、8個のプレミアム特典をお付けいたします!
(プレミアム特典は、お送りする教材に記載している専用アドレスから、PDFダウンロードでのご提供となります。)
 


 初心者にとって、いったい盆栽道具はどこまで揃えればいいのか
 悩むものです。凝りだせばきりがなく、プロ用の道具を一通り揃えると、
 お金がかかってばかりです。

 そこで、最低揃えておけばいい道具の種類とその選び方、
 使用方法また、家庭にある●●でも、盆栽道具に早変わり!といった
 オリジナルアイデアをお伝えします。。
 


 いくら、盆栽は楽しく自由に! と言っても、生きている植物が
 相手ですので、必ずやってはいけない行動があります。

 これまで、17年間盆栽にたずさわってきた中で 
 私自身がやってきた失敗や、見てきた失敗を先にあなたにはお伝えします。
 これで、あなたは盆栽を枯らすことはないでしょう。
 


 盆栽も、生きていますので調子の悪い時があるものです。
 良くあるケースを、状況別に対応方法をまとめました。

 盆栽をスタートして、「あれ、何か変だ!?」という時には、
 このページを見返してください。
 きっと、あなたと盆栽を助けることができるでしょう!
 


 盆栽をやっていると、ちょっとした疑問が出てくるものです。
 そこで、盆栽を始める前、始めた直後、お手入れをしている時、
 1年の四季を過ごしていく中でわき出てくるケース、いろんな
 ケースを想定してQ&A集をつくりました。 

 あなたも、疑問があるとすぐに解決したいと思いますが、
 身近に盆栽のプロがいないケースがほとんどですよね。
 ちょっとした疑問はこのQ&A集があなたを助けてくれますよ。
 バイブルとして、いつも手に取れる所に置いておいてくださいね。
 


 今回の教材は、盆栽の難しい専門用語や理論を
 徹底的に排除して作成をしてきました。

 しかし、一般的な書籍やインターネット上や、盆栽家との
 会話では、どうしても自分の知らない言葉が出てくるものです。
 そういった時に、この用語集を見返してくださいね。
 私が、丁寧な分かりやすい言葉で解説をさせていただきました。
 


 私自身も、盆栽に関しての情報収集はネットも使います。
 そして、実際に ●●のショップは親切でした! 
 といった、いろんな評判もたくさん入ってきます。 

 そこで、仕事で忙しくてなかなか買いに行けない人たちも多いと思いますので、
 自宅に居ながら盆栽や道具をひと通りそろえる事ができるように
 おススメのサイトをまとめました。
 


 正直、これをつけるかどうかは非常に悩みました。私自身も、
 盆栽ショップ・教室だけでなく盆栽バーの運営、そして来年の
 海外の盆栽ショップオープンに向けた準備の合間に、できるのかどうか??

 しかし、今回この教材をご購入いただいた100名の方には絶対に盆栽の
 楽しさを知って、上達していただきたいと思い、今回初版限定でお付けいたします。
 ただし、全員に丁寧に対応するため、おひとり様に付き、6回迄とさせていただきますね。

 ※サポート概要
 購入者ご本人に限り、1年間メールで盆栽の育て方について相談をすることができます。 
 購入者限定のメールアドレス宛に、盆栽の画像を添付して相談内容を送信ください。
 3日程度を目安に、藤田茂男が直接ご返信いたします。
 相談メールの内容は、現在育てられている、盆栽の素材に対してのご質問に限定します。
 (特に、教材で取り上げた素材以外でもご質問は可能です。)

 育て始めて困ったことがあれば、積極的にご相談くださいね。
 


 私も、ヤフーショッピングサイト内で盆栽ショップを出店しています。
 その時に、初めて自分が育てた作品が売れた感動は今でも覚えています。
 盆栽は、自分で楽しむことももちろんですが、さらに人を喜ばせることも出来る
 最高の趣味だと思っています。 あなたにも、その喜びをぜひ感じて欲しいのです。

 そして上達をしたらご友人や恋人、両親にプレゼントをするだけでなく、
 見知らぬ誰かにゆずってあげてください。そのために、ヤフーオークションの
 基本的知識と、初心者が必ず悩む梱包の方法などを分かりやすく解説をしています。
 梱包方法は、プレゼントで送る時にも使えますね。



ここまで読まれても、まだ、自分も盆栽をマスターできるのかは不安かと思います。
一般的に、盆栽は難しくてなかなか短期間ではマスターしにくいイメージがありますからね。

しかし、今回こちらの講座を実践することで
あなたが、簡単に盆栽をマスターできるのには3つの理由があるのです。

一つ目は、
この17年間で盆栽上達法を実践し、ほぼすべての人が効果を実感しています。

二つ目は、
この盆栽上達法は、誰にでもできる簡単な方法だということ。

三つ目は、
知識0・経験0の初心者に、徹底的にこだわった内容だということ。

以上3つの理由が、あなたが盆栽をマスターする理由です。
あなたは、正しい「盆栽が上達する方法」を知り、盆栽を楽しんで作っていれば、
自然と盆栽をマスターできるのです。

さらに今回は、100名様限定でプレミアム特典の中にメールサポートを付けています。
盆栽を育てていく中で、困ったことがあれば私にご相談ください。


あなたの、良き盆栽アドバイザーとしてサポートをいたしますので、
今すぐのご購入をお薦めします。







Q この教材はどういった人を対象にしていますか?

A.盆栽の初心者の方を対象にしています。初心者の方であれば、年齢や性別関係なく、
  楽しく学べる内容になっています。私の盆栽教室に来られる方も、20代〜60代と
  幅広い方に来ていただき盆栽をマスターされています。



Q 私でも上達することができるのでしょうか?

A.上達する可能性は高いと思います。これまで数多くの、盆栽の初心者を教えてきた
  先生がつくっており、全くの初心者を想定してこの教材は作られています。
  だたし、何事もそうですが、見ているだけ、買っただけでは、上達しません。
  きちんと内容通りに進めていけば、きっと上達します。
  何たって、今回はメールサポートサービスも付いているのですから!



Q 毎日学習する必要はありますか?

A.その必要はありません。自分のペースで、どこから始めても楽しく上達できるように作っています。
  週末の時間のある時に、教材を読んだりDVDを見て、学んでいただければと思います。



Q マンション住まいですが盆栽はできますか?

A.可能です。私の生徒でもたくさんの人がマンションやアパート住まいをしながらベランダで
  盆栽をやっています。教材の中には、ベランダで育てる際のポイントも書いていますので
  ぜひ参考にしてください。



Q DVDはどういった内容ですか?

A.教材で取り上げている全ての素材について、私自身が実演しています。
 テキストだけでも十分ご理解いただける内容ですが、確実にマスターして頂く為に制作いたしました。

 尚、今回の特別価格をご用意するにあたり初版では、できるだけコストを抑えています。
 DVDの作成費を抑えるため、高価なスタジオでの収録はせずに私の教室で
 撮影したため、画質や音質は、ごく一部良くない箇所もございます。
 こうしてコストを抑えた結果、19,800円で提供することが可能になりました。

 もちろん、習得には全く問題はございませんのでご安心ください。




Q 本当に19,800円の価値があるのですか?

A.藤田流の盆栽上達法のレッスンを受けられ、しかも何回も繰り返し見る事ができるので
  それ以上の価値は十分にあると考えています。メールサポートといった特典部分も
  踏まえると、これまでの盆栽の通信講座等では考えられない内容かと思います。
  また、この教材を学ぶと、通常の5分の1以下の費用で盆栽が育てることができるので、
  3つ程度作ると、十分元が取れます。
  それでもご不安な方は「藤田茂男」の実績をふまえた上で、ご自身でご判断ください。




Q 素材や道具といった物は付いているのですか?

A.いいえ、付いていません。最初は、素材や道具類をセットにした講座と2種類をご用意
 しようと思ったのですが、人によって、どの内容から始めるのか違う点と、 素材の好みが
 人によって違うので全て同じ内容では、必要のない物までお送りすることになると思い
 やめました。その分、特典内にお勧めのネットショップも、ご紹介していますので、ぜひ
 あなたのお好みにあった材料を、必要な分だけご購入ください。




Q お申込み方法は何がありますか?

A.インターネットでのお申し込みの他に、電話・FAXでのお申し込みにも対応しています。
  お申し込みボタン後の案内にそって、お好きな方法をお選びください。



Q 支払方法は何がありますか?

A.代金引換決済、クレジットカード決済の2種類ご用意しています。なお、クレジットカード
  については、VISA、Master、JCB、Amexに対応していますのでご活用ください。



Q この教材を買うのに商品代金以外に費用はかかりますか?

A.商品代金以外はかかりません。送料、消費税等はすべて込みの金額となっております。
 ただし代引決済をご選択の場合、手数料実費(350円)がかかります。



Q 配送日時に指定はできますか?

A.はい、承っております。ただし、ご注文確定(ご入金済み)より3営業日以降のご指定と
  なりますのでご注意ください。
  配送会社は土日休みのため、週末のご注文の場合は月曜日より3営業日以降でお願いします。
  配達日時指定方法は、ご注文後にインフォトップから送られる注文確定メールを
  info@delivering.jp宛に転送する形で、以下項目を記載の上お送りください。

  ■配達希望日程:●月●日(●)
  ■配達希望時間:午前中/ 12:00頃〜14:00頃/14:00頃〜16:00頃
  /16:00頃〜18:00頃/18:00頃〜20:00頃/20:00頃〜21:00頃




Q 郵便局留めは可能ですか?

A.はい、可能です。郵便局留めは、ご注文後にインフォトップから送られる注文確定メールを
  info@delivering.jp宛に転送する形で、希望郵便局名を記載の上お送りください。
  お近くの郵便局は、http://map.japanpost.jp/pc/で検索が可能です。



Q どのような形で届きますか?

A.右記の写真の様な形で、あなたのお手元に届きます。商品名は
  『冊子』でお届けいたしますので、具体的に何が届いたのか分かりません。
  また、中身も全く見えない状態で届きますので、ご家族にも分からない
  かと思います。どうぞご安心して、お申込みください。




Q 海外の発送は可能ですか?

A.はい、可能です。日本国内は送料無料となっていますが、海外については国別に送料(実費)を
  頂いています。個別に料金をお伝えしますので、support@bonsai-jyotatu.com宛てにお気軽に
  お問い合わせください。尚、発送はEMS(国際スピード郵便)となります。








この手紙を最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

とてもうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。
この教材には、私のすべてを詰め込みました。

最後に私が伝えたいことは、

盆栽は楽しく上達することができるということです。
この「藤田流 盆栽上達法」が、これからのあなたの盆栽ライフに
少しでもお役に立つことができれば本望です。

最後に、少しだけ私のことを話させてください。

私が、盆栽を始めたきっかけは、アメリカのフロリダにある
ディズニーワールドのJapan Pavilionのbonsaiセクションを
担当したことがきっかけでした。

世界中で「BONSAI」という呼び名で世界共通語となっており、
愛好者も驚くくらいたくさんいたのです。

そんなアメリカで出会った盆栽のお陰で、今私はこうして日本で盆栽を通して、
多くの人に感謝していただける楽しい日々を送っています。

そして、私は来年の春、恩返しの意味も込めて海外で
盆栽教室やショップを出すことが決まっています。

私は、これからもずっと盆栽を通したライフスタイルの提案を
盆栽の世界の先頭に立ってやっていく自負で活動をしたいと思っています。

あなたも、この教材を通して盆栽が上達し、愛情をこめて育てた盆栽が、
あなたの周りに幸福をもたらし、そしてあなたにも幸福が訪れることを願っています。

Bonsai is simple and happy









「苦手意識がなくなりました」

東京都 本多 千絵さん


藤田先生、こんにちは!

先生のこのメソッドに出会う「前」と「今」を
ご報告したいと思いペンを取りました。

実は私は、藤田先生に出会う前からも植物が大好きだったので
以前から観葉植物を育てていました。

ただ、その中でも比較的育てるのが簡単と言われている「パキラ」や「ベンジャミン」
さえも枯らしてしまうほど、植物のお手入れが苦手。とても、自分に盆栽なんて
できないと思っていました。

そんな時に、お友達に誘われて藤田先生の盆栽バーに行った事が、私のこれまでの
苦手意識を克服することにつながりました。お話を聞いていて、今までは苦手だった
植物を育てる事も、先生のメソッドを学ぶことで、得意になれそうな予感がしたので
盆栽を始めることにしました。


藤田先生からは、一目惚れで私が育て始めた「ウメモドキ」について、手取り足とり
お世話にしかたや、美しく繊細なラインを保つための方法といった事を教えて
いただいています。 

その甲斐あって、「今度こそ枯らさない!」という意識ばかりしていたあの頃とは違います。
今では盆栽の形を、よりその素材の良さが活きる様にアレンジしたりと、お手入れを
楽しむこともできるようになりました。


そして、盆栽にはそれぞれに「個性」や「魅力」があり、小さな世界観は
とてもパワーとメッセージを持っていることを感じながら、毎日鑑賞しています。

これからも、どんどん上達をして別の種類の盆栽も育て、お友達にもプレゼントをしていこうと思います。
今後も、どうぞよろしくお願いします。

「盆栽を誤解していました」

東京都 竹森 紘臣さん


藤田先生に出会う前までは、盆栽は遠い存在でした。
ましてや、自分で育てるものではないと思っていました。

特に、一人暮らしで仕事をしているので出張とか
旅行の時とか、「ちゃんと面倒みることができるかなー」、
「枯らしてしまわないかなー」ということが心配でした。

そんな中、藤田先生の盆栽バーに通いながら盆栽のお話を伺い
「盆栽は、誰でも楽しむことができる趣味になるからやってみたら!」
という言葉をいただき、まずは肩肘張らずに、気に入った盆栽を
育てようと、思いきって始めてみました。

最初は、楓(かえで)からのスタートです。盆栽バーで紅く色づき始めた
楓の盆栽を見て、「紅葉している姿を手にしたい!」と。
サイズとか、枝振りとか、なんだか惹かれてしまいまして。

藤田先生の盆栽ノウハウは、初心者でも簡単に手軽に楽しめる方法ばかりで
いつも教えていただき助かっています。
もちろん、枯らさずに順調に育っており今年の秋も紅葉が楽しみです。
 

出張や、休暇で家を明ける時に枯らさないテクニックも教えていただきましたので、
私みたいな仕事をしている人でも盆栽は十分できると思います。

盆栽は、誰でもやり方さえ知れば出来る趣味だと思います。

今後は、藤田先生に剪定やアレンジの方法を教えていただきながら、
さらに別の盆栽を育てて、マスターしたいと思います。

今後も、どうぞよろしくお願いします。

「季節のイベントに盆栽が大活躍」

東京都 岡田 浩司さん


30代半ばになり、「何か落ち着いた趣味をひとつ
増やしたいなー」と思っていた時に、インターネットで、
藤田先生の盆栽上達法の存在を知ったことが、
盆栽を始めたきっかけでした。

それまで、盆栽のイメージはどちらかというとオジサン臭いものでしたが、
教材を読むにつれてお洒落な趣味という風に意識が変わりました。

先生の盆栽上達法は一つ一つの手順について丁寧にとても詳しく教えてくれるので、
手先が不器用な私でもしっかりと基礎を身に付けることができました。


今では、教材の中で取り上げられている6種類の盆栽全てを家で育てており、
休日には毎週順番に部屋の中のダイニングテーブルに飾って家族で楽しんでいます。

また桜の満開の時には、自宅に友達を誘ってインドア花見を楽しんだり、
姫リンゴの実が真赤に色づく12月には、クリスマスツリーとしてちょっと
使ってみたりして、季節ごとのイベントで盆栽が大活躍しています。

偶然始めた盆栽ですが、今までのオジサン臭いというイメージは私の誤解でした!

これからは、私の周りの人に盆栽を勧めていこうと思います。

「自宅での花見は、お酒の味も変わります」

東京都 青木 まんまさん


数年前友人の紹介で、藤田先生に出会いました。
最初は飲み仲間だったのですが、次第にお店にも、よく顔を
だすようになり、テーブルなど店内に飾られている盆栽を
よく見るようになりました。

酒のつまみ程度にしか考えていなかった盆栽でしたが、部屋など
室内でも育てることもできる聞き、生まれてはじめて盆栽に少し
興味を持ったのを憶えています。

しかし当時は、「盆栽なんて年寄りの趣味!」「もっと自分の年齢がいった時には考えようかな・・・」
程度にしかまだ考えられなかったし、正直、”盆栽を育てるなんて絶対難しい!”と思っていて
サボテンさえも枯らしてしまった経験のある自分にはまだまだ遠いものでした。


しかし3年前、自分が結婚したときに、お祝いとして立派な“松”をいただきました。
突然舞い降りた自分にとってはじめての盆栽!しかもプレゼントされてしまった!
絶対に枯らせない! うれしくも悩ましい・・・そんな流れで盆栽をはじめました。

せっかく頂いた盆栽は、「決して枯らすことはできない」という気持ちから
最初の頃は、毎日のように水をやり、太陽に照らし、一生懸命に面倒をみていました。
ただ・・・もともと不精な自分・・・最初の盆栽は結局、枯らしてしまいました。
後から藤田先生に伺うと、どうも“水やり“の方法に原因があったとのことです

それからも、盆栽は続けるつもりでしたので藤田先生のノウハウをたくさん吸収し、
どんどん実践しました。例えば、コケの付け方や鉢の油の塗り方、盆栽の正面の見極め方や
針金かけでの姿の作り方等・・・藤田先生のおかげで、盆栽の楽しみ方が分かりました。


今、育てている盆栽の中で一番楽しいのは“桜”です。 年に1回、人ごみの花見に
行かなくても、自宅で自分だけに存在をめいっぱいアピールしてくれる桜を前に
花見ができる所が最高です。

まさしく「MY桜」として小さくても眺めているだけでも顔が緩む感じで、一緒に飲む
お酒の味まで変わった気がします。

「自分の生活の中で盆栽と生きる!」 なんてかっこつけすぎもしれませんが、
これからも、盆栽と自然と過ごせるような付き合いをしていきたいと思っています。

「盆栽は子供を育てるのと同じ感じ!?」

東京都 岡崎 愛さん


先生の盆栽上達法に出会うまでは、
以前から盆栽には興味があったものの、どこか敷居が高い
印象があり今まで踏み込めませんでした。

しかし、たまたま見つけた藤田先生の盆栽の教材を
きっかけに思い切って始めてみようと思い、育て始めたのが
旭山桜という盆栽です。

最初は、「花を咲かせることが出来るのか?」「水はどれくらいあげればよいか?」
「太陽にはどれくらい当てればよいか?」何もかもが不安でした。
(今までも観葉植物を何度となく枯らしてしまった過去があるので…)

藤田先生には、桜の花の咲かせ方・新芽の剪定・普段の水やりといった管理方法
部屋でお花見をするためのデコレーションのやり方といったノウハウを丁寧に
教えていただきましたので、枯らさず今年は桜を咲かせることができました。


私自身、盆栽を始めた大きく変わった意識として朝起きるのが楽しみになりました!
変化していないようで日々変化している、小さな成長を見つけられる事がとても嬉しいです。
子供を育てるのってこんな感じなのかなぁと思ったりしています(笑)。


盆栽が気になっている方は恐れず、ぜひ勇気を出して1歩を踏み出して下さい。
私と同じような不安や心配をもって躊躇されている方であれば、良い意味での
裏切りがいっぱいの世界だと思います。

奥が深く、癒し効果抜群の盆栽の魅力を共感してもらえる方が増えたらこんな
嬉しいことはありません。

「四季折々の変化を楽しんでいます」

東京都 柴山 智美さん


小さい頃から、実家にはたくさんの盆栽があって
親しみを持ってはいたのですが、自分ではまったく
やったことがなく、いつかやりたいと長年思っていました。

ただ、盆栽を始めるにも 教室が近くになかったりして
困っていたところ、たまたま藤田先生が雑誌で取り上げられているのを見ました。

今までの盆栽の古臭いイメージではなく、馴染みやすそうな雰囲気でしたので
藤田先生がされている盆栽教室に通い始めました。
それが、盆栽を本格的に始めたきっかけです。

念願の、盆栽を始めてみて 「こんなに楽しいのならもっと早く始めたら良かった!」
とちょっと後悔したくらいです(笑)
 今はまだ始めて1ヶ月なので
まずは、けやき1つを楽しんでいます。

日々の、水やりだけでなく、苔や石をデコレーションとして配置をして楽しんだり、
そして、はさみで剪定をしてお手入れもしっかり出来るようになりました。

藤田先生には、盆栽の知識だけではなく、楽しみ方を教えていただき大変感謝しています。

これからも、藤田先生の盆栽上達法を学んで四季折々を楽しめるように
色々な種類を育ててみたいです。

「年に1回の、花見という大ボーナスのために!」

東京都 坂本 淳さん


盆栽を初めて、はや3年が経ちましたが最初のきっかけは
藤田先生がされている、盆栽バーに行ったことからでした。

それまでは、特に盆栽に興味があったわけではなかったのですが、
バーで満開に咲いている桜の盆栽を見て「これが、家にあったら
花見が家でできるじゃないか!!」と思い、すぐその場で買いました。

いざ始めてみて、「水やりはいつどんなタイミングでしたら?」
「日当たりは、とりあえずベランダに置いておいたらいいんだろうか?」と
まったく右も左も分からない状態でスタートしたので、
藤田先生の教室に行っては個別に教わっていました。

そんなまったく専門知識がない私にも、わかりやすい言葉と実演を交えながら
教えていただけるので感謝しています。
  

桜というのは、開花という年1回の大ボーナスがあります。
毎年、家族や友だちを自宅に招いて、インドア花見パーティを楽しんでいます。

私はこれがしたいがために、盆栽のお世話ができるようになりました。
そして、藤田先生のおかげで今まで毎年枯らすことなく桜を咲かせることができています!

花見のあとも、桜は葉桜になり、5月には青葉が茂り、秋には落葉し、といった形で、
世話をしている中で季節を身近に感じとることが出来るのも良いものだと思います。

これからは、この桜をさらに美しく咲かせるために教わったお手入れ方法をすることと
ともに、どんどん別の盆栽を試してみたいと思っています。

藤田先生、ありがとうございました。

次にこの様になるのは、あなたかもしれません。









特定商法取引法 プライバシーポリシー・免責事項 お問い合わせ  
Copyright 2009 藤田茂男の流儀 盆栽上達法 All Rights Reserved 相互リンク集